晴功雨読の日々】昨日は石川町を利用するようになって、最強の雨だったかな?

昨日、練習前に八雲のVivaceでコーヒー豆を買おうと、普段より早めに出ようとしたら、イキナリの土砂降り。(これは運が良かった。(^_^;))

「少しは治まったかな?」といつも通りの時間に出るも、なかなかの土砂降り(気象庁のデータを見たら、強い雨:20~30mm/h相当でした。)

これは、自転車で八雲or石川町に練習に通うようになって、何番目くらいの雨だろうか? 顔に当たる雨粒が痛いなんて久しぶりだな、などと考えつつ、到着。

手前で、「をを! 4~5m近く水位が上がって、あと1mちょいで呑川が氾濫しそう」などと脇見していたら、呑川沿いの道路、水が集まる所では深いところでは30cmくらいの水があって、膝近くまで水に浸かってしまった。(以前大崎在住時、目黒川が氾濫して、JR線路下のトンネルが水没し、自転車で突っ込み、胸近くまで水没したことを思い出した。)

へたってきていて、そろそろ買い換えないとと思っていた雨具の限界を予想通り超えていて、びしょ濡れ。Tシャツが絞れました。

長靴を逆さにすると、水が流れるし、「2000mpaにも耐える」と謳っている買い換えたばかりのリュック用防水カバー。こいつの中も長靴並の水が貯まっていた。

で、出る直前にCheckした時は、「雷注意報」だけだったんだけどな、とスマホでアプリを見たら、「大雨警報」が発令されている。

以前は、「雨が降ろうが、槍が降ろうが、自分は大丈夫」的な『根拠なき自信』があったのだけれど、今は「自転車で移動時に、普通の大きさの看板や太陽光パネルが飛んできたら、避けようがない」と考えるようになっています。

それに連れて、休講にする判断を「警報:必須、注意報でも要検討」にしています。

と、いうわけで、LINEで休講連絡をして、扇風機でTシャツと雨具を乾かし、「やや強い雨」の中帰宅。(リュックのカバーは大丈夫だったけど、雨具はダメで、Tシャツまで濡れてたので、買い換えを決心しました。)

大雨警報 2018/09/17 18:48 発令
国土交通省 気象庁 > 各種データ・資料 > 過去の気象データ検索
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&block_no=0368&year=2018&month=09&day=17&view=

世田谷でも羽田でも、17:30のにわか雨は記録されていないなぁ。
平和島あたりだけの、ゲリラ豪雨だったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です