「尾閭中正+含胸抜背」と「肩甲骨の動作異常」

ここ数日Poser11の試用版をいじって楽しんでいます。

「尾閭中正+含胸抜背」

 本当は、「提肛縮尾」、尾閭中正に肛門を締める動作=仙骨関節を動かす、をしたかったのですが、骨盤に仙骨関節がついてないので(当面)アキラメました。(^_^;)

 当初は、「ありゃ~、関節数がPoser7時と一緒や。こりゃ、脊椎全部に関節を付加する必要があるかも」と暗くなりかけました。
 が、追加フィギュアの中に、「男性(骸骨)」と「男性_骨格」を発見。
 「男性_骨格」の方は、腰胸椎と頸椎の全てに関節設定がなされていました。

 一時、「IK:インバースキネマティック(地面に固定された設定)」を外すのを忘れて、「あれ~、股間節が動かん!」と戸惑いましたが、なんとか思い出してクリア。(^_^;)

「肩甲骨の動作異常」

 他のフィギュアは「肩」というパラメーターで鎖骨+肩甲骨、「腕」というパラメーターで肩関節を動かします。
 「男性_骨格」の方は、「鎖骨」と「肩」「腕」に分かれています。
 それぞれ、胸鎖関節、肩甲骨、肩関節に対応しているのですが、「鎖骨」を動かしても、上肢が反応せず、「肩(肩甲骨)」を動かすと、鎖骨が変な動きをします。

 肩甲骨の動きがおかしく感じられたので、肩甲骨の中心点を肩鎖関節位置に、終了点を肩関節位置に動かしてみたら、少し良くなったようです。(関節の連動を探さないと、、、、。)

含胸抜背肩甲骨動作異常

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です