電網護身】「電網護身」と言う言葉について

「護身とはなんぞや?」と聞かれると、
一義的には「身体を動かすコト」に限定しがちです。
他方、「身を守る」と言い換えると、「生命財産を守るコト」へと、視野が広がります。

と、いうわけで、

・Net(電網)世界において、生命・財産を守る知識
・Net&PC(電脳)を利用して、生命・財産を守る知識

について学んだ事を、備忘帳的に囁いてまいります。

晴功雨読】自炊:スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣』 1997年1月1日初版第2刷発行

自炊していても、なかなか成果は目に見えてきません。
年末にやっと2つめの本棚を整理でき、少しだけれど部屋が広くなって、チョットうれしい。

自分を形作った本の一つだと感じている、スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣』。
最近、アドラー心理学が元ネタだと知った所だったりする。
また、最近「習慣化」というワードの重要さを再認識しつつある所でもある。

で、読書時にチェックをつけたところを、pdfからコピペしていて一番気になったさわりは、

第七の習慣:刃を研ぐ
> 刃を研ぐ最初の三つの側面――肉体、精神、知性――のことを毎日の私的成功と呼んでいる。
>あなたの今後の人生において、毎日一時間をこの私的成功の時間として過ごすように奨励したい。

という箇所。

「練三:(知-徳-体の)三軸での練功」を構成・強化する要素の一つだったのか、と。

1997年と言うことは、39歳以降に読んだことになるのか。
もっと若い頃に読んだような気がしていたけど、この本で知った「パラダイム・シフト」の考え方は、武術の指導を始めた頃に使用させて貰った記憶があるので、そう言えばそうだな、と。

自炊し抽出する前は、「7つの習慣、実践できてたっけ?」と自信がなかったけど、「W i n-W i nの考え方」など、「まあまあ、できているやん。(^_^)」といった感じです。

「時間節約モードの陥穽」

危ない。危ない。(^_^;)

年末から、DVテープに保存してあった、「散打交流大会」や「散打友好大会」の動画データをPCにキャプチャする作業を再開しています。(以前、HDDレコーダーにコピーして、そこでDVDにひととおり焼いてはあったんですが、LPモードでやったモノもあったので)

年末にはちゃんと動いていたDV&VHSのダブルデッキ:WV-D10000が、年明け後作業性が良いように、机のそば:脇机的にページスキャナなどを置いてあるPCの上に移動しました。

そしたら、VHSからDVへの切り替えはできなくなるし、VHSテープを入れたら最後まで早送りしてしまうようになり、VHSのキャプチャができなくなりました。

幸いPCからのi.LINKによる指示で、DVデッキ部を動かす事ができたので、だましだまし使って、数本キャプチャしました。

「そう言えば、AmazonでWV-D10000が中古で出ていたな」と思い出し、見てみたら、4万円ちょい。ヤフオクでも2万円あたりから始まっている様子なのがわかりました。

実は今、時間節約モード(※)に入っていて、「時間と安心を、金で買おう」という志向性になっています。

で、「夏頃、DVテープがうまく挿入できないこともあったし、壊れてテープを取り出せなくなっても困るから、中古で買い直そうか?」という気になりかけました。

結果、WV-D10000の不調は、(開いて下を向いていた)フロントパネルの早送りボタンをPCケースの出っ張りが押していた為で、デッキを少しずらしたら解決しました。

危うく無駄金を使うところでした。(^_^;)

※ 逆の「金銭節約モード」になると、「自分にできないことがあるのが嫌」に感じて、自転車や電気機器の修理など、時間がかかっても自分でやろうとします。

「運営日記:搞活雑録」再開します。

日中精武会連盟事務局の河田です。

日中精武会連盟・散打友好協会・三宗内家拳の活動について、呟いてまいります。(^_^)

「搞活」とは、「(武林を)盛り上げる活動」という意味でつかっています。

2018年1月14日(日)