明師の部屋:形意拳・龍形八卦掌・八卦太極拳・麟角刀:河田秀志老師


●簡介

  1957年生。蘇東成より内家三拳を、何福生より形意拳と太極拳を、徐文忠より心意六合拳と麟角刀を学ぶ。三宗内家拳代表,散打友好協会/日中精武会連盟/日本散手友好協会/日中技剣器械協会:事務局長。散打大会を日本最多数開催を始め、大会・技術交流会を多数開催し、武林の発展・活性化の活動を行ってきている。著書『内家拳の組立手順書』(エンジニアリング・ツールによる武術指導)
 三宗内家拳として、主に大田区で指導。散打友好協会では、年に3~4回「散打友好大会(&撃剣器械交流大会)」を開催している。
「名師より明師」を目指し、明解・明確で、分かり易く合理的で万人が上達できる指導法を開発中。
 ===============
明師の要件
【明白】明らかで疑う余地がない説明・指導による明確な成長
をさせることができること。それには、
 【明快】意味・筋道がはっきりしていて気持ちがよい。
 【明解】はっきりと説明すること。はっきりよくわかる解釈。
 【明瞭】事がらがはっきりしている。
必要があると考えています。
 自然科学
方法論に基づく、合理的・客観的な指導を行い、能力の向上が実感できる指導を行います。

●講習会「撃剣・武器実践術講習会」(2018/04/22更新)

1)いつ:隔週(木) 19:00~20:30 
    4/26(木),5/10(木)5/24(木),6/14(木)
2)どこ:大森SC健体室C
    大田区大森本町二丁目2番5号
    最寄駅:京急線平和島駅(徒歩6分)
3)だれ:散打友好協会(河田秀志・山下和紀)
    連絡先:sandayuko@gmail.com/090-6143-2350
4)なに:「武器実戦術講習会」
5)どのように:剣・槍を始め、各種武器(暗器・短兵器・長兵器・軟兵器)
       の実戦術(実際の使用法)をhard・Softの攻具と防具を使用
       し、対人攻防を通して学ぶ講習会。
       初心者には基本技法から、套路等の経験のある方には、
       対戦を中心に指導します。
6)参加費用:二千円/回

※「出稽古」歓迎します。
 槍や剣と対戦したいという方の出稽古を歓迎します。(千円/回)

●教室 (2018/05/30更新)
 1) 団体名:三宗内家拳

 2) 代表者名:河田秀志
 3) 稽古日時/場所/内容:形意拳・八卦掌・太極拳・撃剣・器械
   (月) 20:00~21:30/大森SC健体室等/上記内容
   (水) 20:30~21:45/大森SC健体室等/上記内容(水or木:日程要確認)
   (金) 20:00~21:30/大森SC健体室等/上記内容
   (日) 20:00~21:30/大森SC健体室等/上記内容
 4) 費用:入会金4千円/月謝:一般6千円、学生4千円
 5) 連絡先:sansohnaikaken@gmail.com/090-6143-2350
       〒143-0012 大田区大森東1-23-23
 6) 公式サイトhttp://nicchuu.jp/  (本サイト)


●年表
 1984年   蘇東成老師に入門、内家三拳・散打を学ぶ。
 1987年   何福生老師より形意拳・太極拳を学ぶ。
        徐文忠老師より心意六合拳・麟角刀を学ぶ。
 1995年   易宗内家拳・東京として独立。後に三宗内家拳に改名。
 2000年   散打友好協会設立。
 2014年9月 日中精武会連盟創立:事務局長に就任。

 2017年5月 『第一回伝統武術表演交流大会』実行委員長

明師の部屋:旧館(1)_用語集