電網護身】やっと顔認証ソフトが使えるようになりました。(^_^;)

「あの写真、ドコ(どのフォルダ)に保存したっけ?」というのは、多くの人が遭遇していると思うんですよね。

ブログやSNSに投稿したとき、わかり易い写真があると良くなるのに、けど、写真ドコに保存したかワカラン。エ~~~イ! 面倒、ということがこれまでも何度かありました。(^_^;)

その度に、所有しているソフトやフリーソフトで写真を管理整理してくれるものを探していました。
今回講座案内を投稿するにあたり、講師の写真があった方がよいなと思ったのですが、上記の理由で、太極拳の講座なのに、洪家拳を指導している写真を用いちゃいました。

写真管理ソフトとして、メインで使用しているのは、SONYのカムコーダー付属のPlayMemories Home。
コイツは、下のファルダまで表示してくれるし、サムネイルのサイズが自由自在なので便利です。
ただ、DB構築に時間がかかるコトがあるのがちょいと問題。
コレにも顔認証できる可能性もあったのだけれど、よく解らなかったので、パス。(^_^;)

何度か入れては、データベースを作るのに思いのほか時間がかかる為、あきらめてアンインストールしてた、Picasaに再挑戦。
使用方法の解説を読まずに始めちゃったのでので、「新しい人物」の登録に何度か手間取ったけど、さほど苦労せずにできました。
初めの頃「顔写真なのに、文書が表示されている。(`へ´)プンッ。」と削除してたんですが、雑誌記事をSCANした頁の顔写真を認識していたことに、気づきました。(リカバリーできるかな?)

exFATのドライブを認識しないなどの問題もありましたが、写真管理はPicasaが中心になりそうです。

搞活雑録】をを! 中国大使館ちゃんと仕事している? (関係した大会の変遷について-2)

2/26に「関係した大会の変遷について」と書きました。
それに、4/25から、ヘルプコールが来たので、大会を手伝ってきた経緯も書いて来ました。

今日は、「関係した大会の変遷について-2」で、かつ「大使館って、ちゃんと仕事してるんだな」です。(^_^;)

実は今日「中国大使館は、後援を付与するにあたり、積極的に情報収集している」ということを知りました。
考えて見れば、カルトや詐欺に利用されると問題なので当たり前のコトとも言えるんですけどね。(^_^;)
===============
2018/09/06:『第1回東京国際伝統武術文化節』
 主催:東京国際伝統武術文化節組織委員会
  組織委員会 会 長:常松勝
        委員長:徐広林
        統 括:陳崢
 後援:日中武術太極拳連盟,日中友好協会,中国中日大使館文化部
 2018-09-06_第1回東京国際伝統武術文化節2018-09-06_第1回東京国際伝統武術文化節-参加案内書

2019/04/27:『第2回東京国際伝統武術文化節』
 主催:日中精武会連盟
  組織委員会 会 長:常松勝
 後援:日中武術太極拳連盟,日中友好協会,中国中日大使館文化部
2019-04-27_第2回東京国際伝統武術文化節
この大会については、延々とグチをこぼしたので、多くは語りますまい。まあ「グチをこぼす程度には値する大会ではあった」というコトです。(^_^;)

2019/07/08:『第2回東京国際武術節』
 主催:東京国際武術文化組織委員会
  組織委員会 会 長:徐広林
  後援:日中武術太極拳連盟,中国中日大使館文化部2019-07-08_第2回東京国際武術節_チラシ2019-07-08_第2回東京国際武術節_開催案内
関与していない大会なので、公開情報だけです。

まとめると、
1)2018/09/06
 「東京国際伝統武術文化節組織委員会会長:常松勝」
 『第1回東京国際伝統武術文化節』
が、開催され、
2)2019/01/吉日発表&07/08
 「東京国際武術文化節組織委員会会長:徐広林」
 『第2回東京国際武術節』
が開催されるという次第ですね。

2018-09-06_会長印
2019-07-08_会長印
ハンコは初めから「東京国際武術文化節組織委員会会長」なようにみえますね。

と、いうワケで、ちょっと距離をおいているけど、頼まれたら無碍にはできないよね、という団体が抱えているトラブルを整理してみました。

そこで、ちょっと意外だった(けどアタリマエですが)が、「似たような大会名で後援を求められたが、関係しているのか」との確認を大使館は行っているというコトでした。(^_^;)
当日のパンフにどうのようにリカバリーしているのか、ちょっと興味があります。(^_^;)

搞活雑録】講座案内

いつ 2019/07/01(月) 〜 2019/10/15(火) 
   第一、第三火曜日 18:30~20:00
どこ 中国文化センター
だれ 劉湘穂老師
なに 簡化24式太極拳講座

詳解 太極拳の歴史は古く、様々な流派が技を競い合ってきましたが、1956年に主要流派の代表たちで話し合い、共通の套路(型)となる太極拳(規定太極拳)を定めました。その時に最も基本となるものとして編まれたのが「簡化24式太極拳」です。楊式太極拳をベースにしたこの套路は、誰でも手軽に楽しめるだけでなく、本格的に楊式太極拳を学ぶ方々にも親しまれています。
 本教室では、太極拳の「型、意、気」を正しく学び、理解を深めることでカンフー(功夫=内功)を身につけ、一生の財産となる健康な心身をつくっていきます。これから太極拳を学びたい方、もっと上達したい方、太極拳の神髄を体得したい方など、太極拳に興味のあるすべての方におすすめの教室です。
20181216_1317_01)強壮健美気功法(1)劉湘穂_太極拳
講師:劉 湘穂(りゅう しょうほ)
 中国広東省広州市出身、1988年来日。現在は中国伝統武功会師範、一般社団法人日中精武会連盟副会長。
 幼少から家伝の太極拳や気功を学び、武術太極拳大会で10回連続チャンピオンになるという成績をもつ。また、在学中は広州の按摩・整体を専門に学んでおり、卒業後には広州市武術館専任の武術太極拳・気功コーチとして世界各地を訪れている。
 中国武術太極拳・気功の普及に努めるかたわら、その弟子達を全日本武術太極拳選手権大会やアジア大会等での入賞へと導いた実績が高く評価されている。

⇒中国文化センター

搞活雑録】なんでこんなにゆがんでいるのだろう?

アーカイブに中国武術関連の雑誌を載せようと思って、いの一番に1981年の5月に(今は無き)福昌堂から出版された「中国武術の世界」をCheck。

同じスキャナーなので変化がないはずなのに、アチコチゆがんでいる頁をそこそこの頁数発見。
しかたがないので、再度SCAN&OCR。

で、ときどき、編集者が凝って写真を斜めに配置した頁を、写真の枠を紙のフチより強く認識してしまい、頁全体を斜めに認識してしまうという、自炊を初めて以来の懸案にも挑戦。

フム、OCR終わって、PDF化したものをAcrobatのツールで修正したモノは、画質が劣化するみたいダナ。
と、いうワケで、SCAN終わってOCRソフトに画像を読み込んだとき、斜めになっている頁をCheckして、角度の手修正と認識範囲のトリミングを行えば、OKと。(ウン。斜めの頁がなくなって、気分がイイ。(^_^))

で、おんなじだろうと思って「武術」の001号、SCANした後、見てみたら、割とキレイにSCAN&OCRされてた。(^_^;)

「MOOK_中国武術の世界」_001「MOOK_中国武術の世界」_003「MOOK_中国武術の世界」_004「MOOK_中国武術の世界」_005「MOOK_中国武術の世界」_008「MOOK_中国武術の世界」_018「MOOK_中国武術の世界」_038「MOOK_中国武術の世界」_090「MOOK_中国武術の世界」_111

晴功雨読の日々】はじめてのネット予約

大会後一ヶ月経って、体調も復したし、後回しにして迷惑をかけた本業のリカバリーも目処が立ち、心に少し余裕ができたというので、昨日は「慰労」目的で、新宿で美味しいお魚とお酒を楽しんで来ました。(^_^)

愛用しているサイトからネット予約をしたら、ホッ○ペッ○ーグ○メへ飛びました。
しゃあないなと思いつつ、予約をしたのですが、店舗には通じてませんでした。(幸い時間が早かったので、着席できましたけど、、、。)

で、帰って来たら、アンケートのメールが、、、。

しっかりと、一番厳しい「伝わってなかった」にCheckさせて貰いました。(`へ´)プンッ。

サイトから、お酒を飲む店を予約するのは多分初めてだったと思うのですが、最初に小さく躓いてしまった。(ρ_;)

「第13回全日本格斗打撃選手権大会」雑感

今日は、久喜市の総合体育館「毎日興業アリーナ久喜」で開催された、「第13回全日本格斗打撃選手権大会」にお手伝いに行ってきました。

担当したDコート(全6コート)は、小学2年生から6年生の男子組手。
コート毎に、型、古武器、小太刀短棒術、リアルプロテクト、と分かれており、分かり易いコート分けになっています。
今年から、古武器の部(型)の試合も増えたので、5種類のルールの大会を運営することになり、主催団体は大変だったろうな、と。

小学2年生の試合、いきなり第1試合から、ハイレベルな好試合で目が覚めました。(まだ、幼児の部の微笑ましい感じが残ってたと記憶してたんですよね、、、。)

試合と試合の待ち時間、視野にFコートの小太刀短棒術の幼児の試合が眼に入ってきました。
「オイ、オイ。武器を持っている相手に向かって、突進すんじゃないよ」と。(^_^;)
サスガに、小学生になると、そういうことは無くなり、相手の隙をうかがうようになってましたが、、、、。

スタッフ・参加選手ともに、「余裕を持って試合に臨んでいる」感じが、安心できます。
集合に遅れる選手も少ないし、スタッフもやるべきことが頭に入っていて、きちんとこないしていっているので、もたつく場面に遭遇することがほとんどありませんでした。(おざなりになりがちな、ゼッケンのWチェックも、キチンとやってたのには、感心しました。)

IMG_20190526_120246昼休み風景。上機嫌な浅香館長

IMG_20190526_152441中学生組手試合風景

「真夏日予報なのに、5月中は空調を入れられないと、拒否された」と勇太先生憤慨されてましたが、杓子定規が改まるキッカケのの大会にならなくて、良かったかな、と。(^_^;)

中規模大会になるのかな?

劉湘穂老師と「アラ還スマホ勉強会」をしつつ、武林の活性化の為の方策について意見交換。(^_^)

wechat(微信)で、ストレージがイッパイになるし、見たい動画が見つからない、という問題を対処。
wechatから落とした動画の削除方法と「自動ダウンロード」モードの解除法を発見。(^_^;)
不要な動画を全削除したはずだけど、劉老師のスマホはまだ44%が使われている。私のは、こないだの散打友好大会の試合動画もPCに移したので、1%。(^_^)

で、本題。
「表演試合にもっと積極的に出て貰いたい」「散打試合にいきなり出るのは、ハードルが高いと感じている学生が多い」ことを鑑みて。

「散打セミナー」……形意拳の戦い方,南拳の~、蟷螂拳の~、等
「表演試合」……なるべく拳種毎に分けて、多くの人が受賞可能に
「散打試合」

の3つを同時にやる大会が良いのではないか、との案に。

散打大会だけだと、ギリ半面でも開催可能なのですが、この案だと、全面&全日貸切にする必要がありそうかな?(もう少し、詰めてみよう。)

「サイゼリヤ 旗の台店」 あれ? 煙たくないな、と思ってたら、「全面禁煙」のノボリが立っていた。(^_^;)
人手不足なんでしょうね。半分近くの席が食器類が未回収状態で、窓際の席は一席しか空いてなかった。

やっぱり【沈】してたのね。(^_^;)

「廃人化」してたとの連絡が、、、、。

そら、そ~~や、と。
中規模以上の大会をやると、翌日から心労がドカッときて、数日寝込むレベルに体調が悪くなるんですよね。

わずか数日で、準備ほぼゼロの大会をまがいなりにも形にするには、ドレほどの苦労と当日にどれだけの心労があったのかを想像するだに恐ろしい。(で、多分、大会の「デキ」について、文句を言う人はいても、私以外に慰労&感謝するヒトはいないであろうコトが想像できるという,,,。(ρ_;))

コチラとしては、待たせることがないように配慮して、数日後には録画データをGoogleドライブで共有したのですが、Downloadした気配がないので、念の為連絡を取ったら、数日廃人化&本業のリカバリーで忙殺されていたとのこと。
まあ、大会後20日近く経過したので、なんとか復調しかけているのかな?

しかし、もし彼が本業や家庭の都合で身動きできなかったら、どうする積もりだったんだろう?(誰も、考えてないっぽいな~~~~(ρ_;))
関連して自身、散打友好大会の数日前に自動車に引っかけられ、危うく大けがを仕掛けたことが有り、後で、そうなったらどうなってたんだろうと青くなったことがあったのを、思い出しました。

運営備忘帳】大会の業務の本当の仕事について

大会後ちょうど1週間が過ぎたワケですが、運営スタッフの悲しそうな顔と叫びが、心にトゲの様に刺さっていて、なんとかしてあげられなかったのか、と自分を苛みます。(ρ_;)

一人は、「選手呼び出し係」の男性。出場選手をコールする時に不在に気づき、呼び出し放送をしているらしく、順番がシャッフル状態になり、悲しそうな顔で背を丸めていた姿が思い浮かびます。
彼もまた、当日突然言われたんでしょうね。
「選手呼び出し係」の本当の仕事は、審判や観客に「次の選手の名前を告げる」事では無く、「予定通りに、選手を試合場に立たせる事」であり、その為には2~3試合後の選手が待機しているかに目を配り、いなければいそうな場所にスタッフを呼びに行かせる事、なワケです。(それに役立つトランシーバーのレンタル業者も申し送りしておいたのですが、、、、。)
体育館の反対側で撮影をしていた私は、、(貴方の向く方向は役員席側ではなくて、選手待機場所方向、ツマリ後ろ側なんだよと)アドバイスを与えることもできず忸怩たる思いでいました。

いま一人は、「放送係」を任されていた男性。
「放送係」の本当の仕事というか重要なのは、「予定を読み上げる事」よりも、「予定が変更になった時に、スタッフ&観客に、分かり易く伝える事」なワケです。
(実行委員長が渡された業務リスト、ほぼ全てを放り出した為)タイムテーブルが無かった上、「運営統括」不在で、日中の放送担当双方に修正内容を伝える人がおらず、中国人から修正がくると中国語放送のみで、日本人から修正内容が来ると日本語放送のみでなされていました。
隣に座る人との情報交換をしないというのは、放送内容と現実の齟齬=失敗、に直面しないという「自己防衛」なのかな?、と。

それぞれの人に、上記の「本当の仕事」を伝えた上で、心構えとして、「できなかった事例を数えるのでは無くて、リカバリーできた事(つまり成功体験)を心に留めて欲しい」旨伝えておいてあげられれば、あんな嫌な思いをさせなくて済んだであろうに、と考えています。(ρ_;)

後半は「アラ還おじさん二人のスマホ勉強会」(^_^;)

今日は、劉湘穂老師宅に伺い、先日の「第2回東京国際伝統武術文化節」の反省会(のようなもの)を、、、、。(^_^;)
「参加選手・団体の満足度が極大になる大会運営」「武林を盛り上げる為の大会運営」について意見交換を行いました。

「なるべく拳種は細かく分け、選手ひとりでも授賞した方が良い」
というのは、達見だな、と。

後半は、近くのサイゼリアに移動し、ドリンクバーを頂きながら、スマホの勉強会、に自然となりました。(^_^)

◆中国人から、WeChat(微信) に届いているブラウザのリンク。日本人に共有するため、Messenger 等に転送するにはどうすれば良いのか?

いろいろと試行錯誤しているウチに、Androidスマホでのスクリーンショット法を会得。
「電源&音声ボタンの同時長押し」というのの、「加減」が解らず、何度も失敗してしまった。
コマゴマとした事で、SMSアプリを起動していなくて、SMSが幾重不明になってたり、アルバムソフトがメニュー画面に見当たらなくなってたり、カメラアプリだと動画がリストに表示されなかったり、を対処。

上記のメイン案件は帰宅後、Windows上のWeChat(微信) で見てたら,やり方はスグに解りました。(^_^;)(オカゲでスマホでのコピペの仕方を覚えられました。)

Screenshot_20190502_172604-2Screenshot_20190502_173948-2

WeChatで、クリックしブラウザを開く。
①右上の「横3点ボタン」をクリックし、メニュー画面を出す。
②「URLのコピー」をクリックし、URLをコピーする。
Facebook/Messenger を開き、相手を選ぶ。
③文章記入欄で「長押しする」とペーストされる。
===============
点击微信打开浏览器。
① 单击右上角的“3水平按钮”调出菜单屏幕。
② 单击“复制URL”以复制URL。
打开Facebook / Messenger并选择另一方。
③ 它将在文本输入字段中粘贴为“长按”。