晴功雨読の日々】「不都合なエビデンス」

 「メタ解析」によって、「母集団中の不純物」が除去され、「偽の相関」が除去されるようになってきているようです。

■「酒は百薬の長」、、、かな?
 私のような「かつての大酒飲み」(※1)にとって、マズいことに、少し前までは日本の先達の研究で、「1日一合程度が一番長寿」と出ていたのが、「アルコールは飲まないほど良い」という結論が2018年に、最も権威ある五大誌のひとつである「Lancet」に出てしまった模様です。※2

 で、「なぜ日本の研究が否定されることになってしまったのか?」をつらつら考えてみるに、「酒を飲まない人」の中に、“酒を飲めなくなった人”が含まれていたせい」ではなかろうかと。
 つまり、「酒を飲まない」のではなく、「飲みたいけど、医者に禁止された」&「体調が悪くなり、酒が飲めなくなった」という、健康状態が低くなった人達が含まれていたため、「飲まない人」の平均寿命が「少し嗜む健康な人」より短くなったのであろうと。

 と、すると、酒飲みは、喫煙者を笑えないコトになってしまうな~~~。(※4)

■「“Diet”とは、忌まわしき4文字言葉である」

 コレは少し前に亡くなった金子隆一の名言なんですけどね。(掘り下げは、改めて、、、。)

 上と同根なことが、「少し小太りの方が長寿、の否定」にも言えます。(※3)
 これは、健康診断後最も疾患にかかる率の低い「理想体重(BMI;22)」より5%ほど重い『小太りの人』が一番長寿だと保険会社のデータで明らかになった」と、30年以上前に知り、ず~~~と、「おかし~な~?」と感じていたものです。
 つまり、コレも、母集団のなかに、「体調を崩して痩せた結果、結果理想体重に近づいた」人が含まれていたため、理想体重の平均寿命を押し下げていたのだろうな、と推測できます。

■「イケてる都会的な女性は、ヨガとサプリ~(云々)」

コレは、先月大岡山で食事をしていたら、小耳に挟んだ隣席のカップル(未満らしき)の女性の発言。(危うく「短命になりますよ」と言いそうになっちゃった。(^_^;))

「マルチビタミンでは6%、ビタミン臨では10%、葉酸では15%、鉄で10%、マグネシウムでは8%、亜鉛では8%、銅では45% 、それぞれ飲んでいたグループの総死亡率の方がかえって高かった」という恐ろしいデータ(※5)が出ています。
 勿論、日本以上にサプリ業界が大きいアメリカでは黙ってなくて、「男性はがんと診断される可能性が8%低かった」等の反証データの収集に躍起になっている模様です。

 コレは上記の2つと、「同根、だけど逆に現れた例」かな?、と。
 つまり、「『健康に不安がある』から、サプリメントを採る」人が多いのであるから、当然、その平均寿命は下がることが見込まれます。
 彼女のように「(肉体的には)健康だけれど、サプリを採る」クラスタが増えれば、マイナスの量も減るのかな?と。
 ココで気をつけなければいけないのは、「健康不安のクラスタが含まれるから、平均寿命面でのマイナスが減ることが予測される」こと=「マイナスがすくなくなる可能性がある」ことは言えても、「有効であることは証明されていない」点です。

 一時期「総合ビタミン剤」を飲んでいたこともある私には彼女の「(業界の)洗脳」を笑う資格はないよね、と。(^_^;)

※1 最近は、ズイブンと減ったんですよ、と言い訳をしておく。(^_^;)
 健康診断の結果で一番気にしているのは、「肝機能」の数値だったりする。(^_^;)
※2 小ネタをひとつ。ミスリードを期待する記事は、「有名な医学雑誌に掲載された」と、掲載誌をごまかします。(^_^;) 調べられると、ウソがバレちゃうからでしょうね。
※3 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4032609/
※4 と、いうことで、「引退後の生存率は、週に1~2回の中程度の酒飲みが一番高い」などという記事の続報に期待しませう。(^_^;)
※5 左卷健男著『病気になるサプリ』

「不都合なエビデンス」にするか「不愉快なエビデンス」にするかで、悩んでしまった。(^_^;)

新型コロナウイルス雑感

(帰国されて直後の劉老師に)「教室の様子はどうですか?」と聞かれて、「ウチの道場はボチボチです」と答えて、「そうではなくて、代講した1週間の様子は?」と聞か返されて、“そうだった。このところ新型コロナウイルスの騒ぎで、先週の事に関する感心がメッキリ低下していたな”と。(^_^;)

で、少し書いたように、先週(今回)は劉老師の代講で、主に「導引法」をお教えしたんですが、中級者以上の方が多い教室には、もっとHardな方がウケが良かったかも、という反省点があったことをお伝えしました。(^_^)

実は中国武術界界隈でも、今回の騒ぎでいろいろとイベントが延期になったりしています。(^_^;)

まあ、マスコミに騙されやすいTypeでは(二人とも)ないので、現状に対する不満や不安を共有して盛り上がることもあまりなかったのですが、、、、。(^_^;)
春節の期間中帰省されていた劉老師にとっては、(近隣に感染者がいなかったとはいえ)エポック的な出来事がいくつかあったようです。

曰く、
友人を招いて宴会をしたところ、有名店でいつも満席なのに4人だけで、貸切状態だった、とのコト。
南の方で感染者がない地域でも、そうなんだ、と。(^_^;)(危機感の無い、日本よりいいのかな?)

他にも、閑古鳥が鳴いている商店街というのは、劉老師にとっても初めてだったみたいです。(^_^;)

そう言えば、(帰国後、日本で)いくつかのスポーツクラブの教室が休講になったとのこと。
2重(感染症の心配があるとき、人が集まる機会を減らす&中国帰国者との接触に時間を置く)の意味で、安全策を取ったんだなと納得しました。

他方、私はというと、「免疫力が強いから、大丈夫」と考えて、全然平気なんですし、「騙されないゾ!」という意識の方がが強いンですけどね。(^_^;)





今年最初の「アラ還スマホ勉強会」(^_^)

新年2日に、崆峒派の花舞影老師達(お姉様)3人と一緒に伺って、お餅や劉老師の手料理をごちそうになったのだけれど、真面目な?打合せは、今年初。(^_^)

時間設定のミスがあったらしく患者さんとバッティングしたので、ボケッと待っているのもなんなので、「Win7,サポート終了が近づいているけどね」と思いつつ、劉老師のノートPCの延命作業をしていました。(^_^;)

その後、親類の若い人が埼玉に仕事で来たとのことで、電話のかけ方や(81+9桁の数字⇒0+9桁数字)や、中国から持ってきたスマホが使えなくなったとの事なので、安いWiFi買うのと、安いSIM買うの、ドッチが有利なんだろうと思いつつ、近場の携帯ショップなどを調べたたり、、、、。
両方お教えして起きましたが、ホントの所ドッチなんでしょうね?  
勿論、技術的な面倒さもあるだろうし、、、、。(^_^;)

ま、スマホの動画はノートPCにバックアップしてあるので、削除OKというのは理解して貰えたみたい、、、、。

それと、やっぱ、相性ってあるんだな、と。
私のデスクトップだといまいち上手く動かなくて、念の為持って行ったズイブン古い小型マウスが一番良く動いて、私のPCでは普通に動くので本命にしていたマウスは上手く動かなかったんですよね。

私が一番気にしていた、1/13(月)戸越体育館の「散打セミナー」&「ライトスパー」については一言二言。(特にトラブルなければ、こんなもんです。(^_^))
それと劉老師、お母堂がリハビリで現地の医者に不満を漏らしておられるとので帰国されるとのこと、その間の代講をいくつかお願いされたので、調整。(私の数倍親孝行だな、と。(^_^;))

帰りに、積極的に食べるべき「5大食物」の魚を買おうと思ったら、当初予定していた蒸し魚に適したのは無くて、「メバル(地元だと、「ネバル」。子どもの頃良く釣ったなぁ。)があったので、それとサザエや蟹などを、、、。

う~~~む、ゴチソウだと思って買う「ズワイガニ」がイマイチなんですよね。今度、焼ガニを試してみよう。

晴功雨読の日々】膝天国棒

セルフメンテナンスの中心は、導引法なのですが、たまにテニスボールを用いて、背筋や菱形筋をほぐすことがあります。
昨年思い立って、より強くしたいなと思って、ソフトボールを入手しました。
で、年明け。
久しぶりにやっていて、「あれ? コレで菱形筋をほぐせると言うことは“膝天国棒”捨てられるんじゃね?」と気づきました。

『奇跡の3日片づけ』を参考に、それまでは誰かに貰って貰おう/押しつけよう、として処分に時間がかかっていたのですが、チャッチャと捨てるように心がけています。

で、捨てる準備をして、燃えるゴミの日まですこし時間があったので、練習時に会員さんに(押しつける気持ちゼロで)話題にした所、欲しいと言う人がいました。(^_^;)

と、いうワケで、捨てる予定だった「膝天国棒(普通の人には、「膝地獄棒」だとおもうけど、、、(^_^;))、人の役に立ってくれそうです。

IMG_20200103_172826

電脳護身】カロリー制限食とサーチュイン遺伝子に関する簡単なまとめ

今年の宿題、今年の内に、、、というワケでもないけど、、、、。
気になっていた、長寿関連の医科学情報の整理をば。(^_^;)

●「サーチュイン遺伝子活性化≒長寿」説
◆2003/08/11    「Nature」
「Red wine ingredient makes yeast live longer(赤ワイン成分は酵母の寿命を長くする)」
酵母で調べたところ
・赤ワインのレスベラトロールの寿命延長作用が抗老化作用のあるカロリー制限に類似している
・サーチュインを活性化したことによると見られる
◆2011/09/21    「Nature」
「Longevity genes challenged(長寿遺伝子の挑戦)」
・SIRT1の活性を測定する系にミスがあり、特異性が欠けている
・レスベラトロールには、SIRT1を活性化する働きは、無い。
・マウスの寿命延長効果も人為的な作業によって意図せず生じたノイズの結果であって、レスベラトロールで寿命は延長しない。

※評価そのものに疑義が提示されている。
※レスベラトロールは、否定されている。

※サーチュインを活性化してもマウスの寿命は伸びない。
※ましてや、人間ではエビデンスがない。

●「カロリー制限≒長寿」説
◆2009年   WNPRC(Wisconsin National Primate Research Center)
・ 「Junkフードで満腹の肥満アカゲザル]と「それより30%のカロリー制限したアカゲザル」では、カロリー制限した方が、若く、死亡リスクが低い。
◆2012年    NIA
(National Institute on Aging)
・ 「通常食で痩せ気味のアカゲザル」と「それより30%のカロリー制限したアカゲザル」では、明確な生存率の差は認められなかった。
◆2017/1/18 WNPRC & NIA
データを持ち寄り、再解析した結果
・Junkフードで満腹の肥満は短命。
・健康と長寿に効果をもたらす最低限のカロリー制限レベルも未定。

※「カロリー制限で長寿」ではなくて、「Junkフードでメタボになると短命」というのが結論、か~~~い!(^_^;)





晴功雨読の日々】ギリ、年内到着。(^_^)

IMG_20191228_115356

頼んでいた、オーダーメイドの革ジャンが届きました。

くたびれた感じは気にならないのだけれど、袖口と何よりジッパーが限界に来ていたので、買い換えました。
香港でオーダーメイドの心地よさに目覚めて以来、2着目はバリ島縫製、3着目(日本製?)です。

ブルゾンタイプだと、走った時に胸や腹のポケットに入れた小物が飛び跳ねるので、2着目からライダージャケットタイプにしています。(チャリにしか乗らないけど,,,(^_^;))

こないだ、タンスの肥やしだったコートの類いをまとめて捨てたので、冬のアウターはこれ一着。「一張羅(一枚しかなくて、着たきりで脱ぎ代えられない着物)」です。(^_^)

ピロリ菌による胃癌の発生は75~90%だったのか。

昨年末、長年気になっていたピロリ菌に感染しているか否かの検査を、Amazonのキットを使って検査しました。
幸い陰性で、「ガンで死にたいと思っているのに、確率が減ってしまった」と冗談を言っていたのですが、私の影響を受けて、検査をした会員さんがいました。

一人は陰性で、もう一人は陽性。
で、除菌薬服用中の2週間飲酒禁止。
普段飲まない人でも、あえて言われるとキツイと言っていました。(でも、今、ググってみたら最近は、7日間みたい。(^_^;))
治癒率75%程度とのことだったのですが、幸い一発で除菌できた模様。

長年気になっていながら、昨年実施した理由のひとつが、「胃がんの原因は99%ピロリ菌」という不正確な表現を使ってクラウドファンディングで金を集めた団体があった、という記事を目にしたからでした。
で調べて見たら、ピロリ菌を除菌することによるリスクの低減は、1/6と1/10という報告があることがわかりました。
件の不正確な表現を指摘した記事には、「75~90%」とあるので、元データからの計算かな、と。

除菌を行った会員さんは、嘱託医から「リスクが1/10に減る」と説明を受けたとのコトなので、効果が大きい方のデータを引用しているのかな?(まあ、ウソではない。(^_^;))

ま、検査した一番の理由は、キットで自宅でできて、病院にいく手間が不要だったコトなんですけどね。(^_^;)

もうひとつ、石原博士が「この年になったら前立腺がんを疑うものなのに、見逃したあの医者はヤブだ」と憤慨しておられたのが記憶にある「前立腺がん」。
「科学的根拠に基づくがん検診 推進のページ」によると「直腸診」、推奨グレード1で、「推奨しない」レベルだな。(^_^;)

晴功雨読】「適切な食事」の実践システム(2)

食品5分類

GP-1    ①魚②野菜と果物③茶色い炭水化物④オリーブオイル⑤ナッツ類
GP-2    ダークチョコ、コーヒー、納豆、ヨーグルト、酢、豆乳、お茶
GP-3    その他の多くの食品
GP-4    マヨネーズ、マーガリン
GP-5    ①赤い肉(牛肉や豚肉のこと。鶏肉は含まない)と加工肉(ハムやソーセージなど)
            ②白い炭水化物(じゃがいもを含む)
            ③バターなどの飽和脂肪酸

「健康に良いかも」なGp-2。
チョコは食べないけど、まあいいかな、と。
コーヒーは2~4杯/日かな。
納豆、ヨーグルト、酢、豆乳、お茶 を採る習慣を作らないと、、、。
豆乳は今まで美味しく感じられなかったけど、牛乳と半々にすると悪くない。牛乳のカルシウムを吸収しやすくしてくれるだろうし、、、。

「健康に悪いかも」なGp-4。
マーガリンは、何年も口にしていない。
マヨは、野菜サラダにかけるドレッシングの大半がマヨなので、美味しい(好み)で、身体に悪い成分が含まれていないドレッシングを見つけないと。

身体に良い/悪いモノを調べていたら、「トランス脂肪酸」だの、「不飽和」だの、「オメガ6」だのと出てきて、学生時代の有機化学を復習しているみたい。(^_^;)


晴功雨読】健身知識の棚卸し:体重という“MPI”からの脱離

午前中は雨だったこともあり、今日も健身知識の棚卸しをしていました。(^_^;)

健身法について、調べたり整理していると、つくづく「ダイエット(食事療法による体重制御)」って罪深いなと思います。


 エンジニア時代、KPI:Key Performance Indicator(重要評価指標)に留意していたものですが、最近は逆のMPI:Mistaken Performance Indicator(間違い指標)が気になり、その最たるものが「体重」です。
 以前は、体重しか簡単に計れなかったので仕方ないと思いますが、今はいろんな体組成計がでているのだから、よりKPIに近いモノが周知されるとよいなと考えています。(私の候補は「骨格筋率」です。(^_^;))

◆体重という“MPI”
・標準体重:30~59歳の日本人の健康診断で一番異常の少ない体重,BMI:22
・死亡率の一番少ないBMI値は、23~24.9

若い内は、体重だけを見ていてもある程度健康管理できるが、年齢を重ねると、肥満以外の生活習慣や体質の影響が大きくなるため、幅広い目配りが必要になるということ。

◆太る原因~ダイエットの根拠について
・昔は、「カロリー過多」が主因と言われていた。
・少し前から現在は「糖質」と言われている?
 その為、果物は果糖が含まれるので、太る。控えよと主張する医者が未だに散見される。
・現在は、「GI値の高い食品中の糖質」と言われている?
 果実類は食物繊維と一緒に食べるので、GI値は概ね低く、太りにくい。(他方、日本の果実は異常に糖度が高いので、継続調査が必要かも)

GI値(グリセミック指数):グルコースを基準(100)として、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計った数値。
70以上の高GI食品:白米,食パン,じゃがいも
56~69の中GI食品:スパゲッティ,中華麺,玄米
55以下の低GI食品:肉類,魚介類,バナナ,葡萄,林檎
血糖値が高いとインスリンが分泌され、ブドウ糖が脂肪として蓄積される。

◆糖質(糖質制限)について
・一番長命なのは、糖質の摂取量が総エネルギー中、50~55%のGp。
・日本人の平均は、50~60%
厚生労働省の食事バランスガイドでは、50~65%を推奨。(米作農家保護?)


「適切な食事」の実践システム(1)

2冊続けて、少し前に自炊した本を精読しました。
1冊目は、津川友介『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』。
2冊目は、石阪京子『奇跡の3日片づけ』。
『世界一シンプルで~』は、2018年12月に自炊して、大事な箇所だけ飛ばし読みしていて、『奇跡の3日片づけ』は今年の1月に自炊してあったのを、スッカリ忘れていました。(^_^;)

共に、その時はちょっと気になってたので、自炊したけど、それだけで安心してしまい、「実践」に結びつけられなかったんだろうな、と。

でも今回は、『~3日片づけ』を精読しつつ、キッチンやクローゼットの不要品を廃棄していました。

●増やすべき、「体にいい食べ物」は5つ
1 魚……コレは、大丈夫。(^_^;)
2 野菜と果物(ジュースは×。ジャガイモ除く)……
3 茶色い炭水化物……コレで玄米に替えたんでした。
4 オリーブオイル……
5 ナッツ……30g/日、頑張らないと。

問題は、2と4ですね。
野菜は、1日にサラダを小鉢2皿、ないし温野菜を小鉢1皿食べるというのは、最近は余裕でできているはず。
他方、果物を、バナナ1本+林檎1個相当を毎日食べるのは、まだ習慣化できていない。
オリーブオイルを1日平均大さじ4杯採れって言われてもね~~~。

●減らすべき、「体に悪い食べ物」は3つ
1 牛肉・豚肉などの赤身肉
2 白い炭水化物
3 バターなどの飽和脂肪酸

「赤身肉が身体に悪い」って知ってたけど、気にし始めたのは1996年の「エスケープ フロム L.A.」を見てからかな?(^_^;)
けど、1日85g未満にって、週に300gステーキ2枚相当だから、楽勝な気が、、、。
ハム、ソーセージの類いもあまり食べないし、良く食べるのは、魚肉ソーセージだし、、、、。(^_^;)
バターも、たま~にステーキを焼くときか、これもタマにしか食べない食パンに塗る位なので、気にしなくて良いレベルだろうな、と。