晴功雨読の日々】自炊メモ 2017年12月

 東京は、雪が降っています。往復の道路が凍結しないで欲しいなぁ。

 あれ? 12月って、自炊したのが2冊で、実質読んだのは1冊だけ!。

夏井睦_『炭水化物が人類を滅ぼす』

 なんとかかんとか「元々人類の主要食物は非糖質であった」ので、「糖質食物からの脱却」を納得させようとしている。(^_^;)

 確かに、今まで現れた「ダイエット法」の中では、『一番マシ』なように思える、ケド、、、。
 でも、「美味しいから、米・小麦・トウモロコシの生産量は増えてきた」ワケで。
 なにかで「日本人とは“米を食べたがる”民族」だと言っていた人がいた。
 そうでなくても「母親の味付け」「県民性」と言った、短期・小領域の習慣が人を縛り、寿命に影響を与えていて、補正に苦労されている人も多い。

 「厳しい筋トレ+糖質制限」は勿論、「糖質制限Only」でも、「ダイエットという思想」に基づいての行動は、早晩&高確率で、揺り返し(リバウンド)を引き起こすのだろ~な~~、と。

 そう言えば、何年か前「低インシュリンダイエット」に凝ってらした頃の高千穂先生に、「もっと良いダイエット法が出てくるかもしれませんよ」と口にして、ムッとさせてしまった事があったなぁ。(^_^;)

川島博之_『農民国家 中国の限界』

 中国に関する情報は一応目を通しとかないと、、、と。
 と、言いつつ、自炊してノートPCに入れたけど、読めていない。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です