中規模大会になるのかな?

劉湘穂老師と「アラ還スマホ勉強会」をしつつ、武林の活性化の為の方策について意見交換。(^_^)

wechat(微信)で、ストレージがイッパイになるし、見たい動画が見つからない、という問題を対処。
wechatから落とした動画の削除方法と「自動ダウンロード」モードの解除法を発見。(^_^;)
不要な動画を全削除したはずだけど、劉老師のスマホはまだ44%が使われている。私のは、こないだの散打友好大会の試合動画もPCに移したので、1%。(^_^)

で、本題。
「表演試合にもっと積極的に出て貰いたい」「散打試合にいきなり出るのは、ハードルが高いと感じている学生が多い」ことを鑑みて。

「散打セミナー」……形意拳の戦い方,南拳の~、蟷螂拳の~、等
「表演試合」……なるべく拳種毎に分けて、多くの人が受賞可能に
「散打試合」

の3つを同時にやる大会が良いのではないか、との案に。

散打大会だけだと、ギリ半面でも開催可能なのですが、この案だと、全面&全日貸切にする必要がありそうかな?(もう少し、詰めてみよう。)

「サイゼリヤ 旗の台店」 あれ? 煙たくないな、と思ってたら、「全面禁煙」のノボリが立っていた。(^_^;)
人手不足なんでしょうね。半分近くの席が食器類が未回収状態で、窓際の席は一席しか空いてなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です