『私説幸福学:各論』-1

……武術で幸せになる方法、その具体的行動指針

総論(と、最も重要なパラダイムシフト)
・「して貰う」より「してあげた」方が幸福度は大きい。“Give is Take
・消費者から生産者・関係者へJob Changeする。
・「コップ半分も~」のポジティブシンキング
・『人間は「有利だ」と聞かされたものを、「好きだ」と錯覚してしまう、そのように教育を受ける。』マリリン・ファーガソン
・『「人は、「はやっている(人気がある)」「有利と言われている」モノを“好き”だと錯覚する』堺屋太一

各論:具体的行動指針
●健康な人/幸福な人/好きな人との付き合いを増やす。幹事役を買って出る
煙草を吸わない健康なひとの幸福度は高く、不健康な喫煙者の幸福度は低い。
幸福なひとは幸福な隣人と、不幸なひとは不幸な隣人とつき合う傾向があり、ネットワークの本線にいるほど幸福度が高い
楽しい友だちとは近づき、楽しくない友だちとは距離を置くような物理的に最適な場所を見つけるべく、努力する。
 武術の道場には、健康な人/幸福な人/好きな人/尊敬できる人が多く集まる。
 付き合いの幹事役は、人のサポートにもなり、幸福度が増す。
また、好きな人に好いて貰う近道。

●多様な友人を持つ
友達(親密な他者)が多いかどうかはあまり幸福には関係なく、多様な友達がいることが、幸せに影響する。同じような友達がたくさんいる人よりも、多様な友達がいる人の方が、幸せな傾向がある。
武術の道場に集う人は、多様な職業・分野にまたがる事が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です