搞活雑録】新型コロナ雑感:ちょっと難しい局面になりつつあるような、、、。

副題:来(水)からの新講座開講は難しいかな、と?

 先週末の日曜日、古河市の雀神社の奉納演武会に伺った折、千葉や埼玉の先生方から、「体育施設が軒並み使用中止」「体育館外の芝生で練習していても、帰れと言われた」というお話を聞いて、「 (東京と違って)、地方は同調圧力がキツイんだな~~~」という感想を持ちました。
 他方私の考えは、「まだ(濃厚接触を避けるのに留意しつつ)健康や経済を優先させる時期だと思うけどな」でした。

 帰ってきて、都内の体育施設の対応状況を調べてみたら、
・新宿スポーツセンター:全館休館 3/1~3/31
・新宿コズミックスポーツセンター:全館休館 3/1~3/31
・戸越体育館:フリー利用中止 3/2~3/31
でした。(さらに、25(水)の知事会見を受けて、期間延長になっていますね。)

 で、少し前から劉湘穂老師に奨められていた、水曜1~2時、戸越体育館での新講座「初心者向け内家拳講座」、水曜午後の時点では、「濃厚接触しないように、距離を取って、触れないようにして行えば可能かな?」と考えていました。
 が、夜に知事の会見「感染者数の増大,週末の外出自粛要請」を見て、「実施は難しくなってきたかな?」と考えるようになってきました。
 「感染者数の増大」を受け、「感染爆発を避ける為」、「週末の外出自粛」を行ったとして、その効果が現れるのは2週間程度後。
 今増えつつある陽性患者は、2週間ほど前に感染した患者であろうから、これから増えて行くと思われ、それに連れてより厳しい対応が採られるであろう事が予測される。
 そしてそれが緩和されるのは、(運が良かったとして)上記のように2週間後。
 品川区や中央区はフリーの使用を中止にしただけで、予約済みの施設使用者に対して、中止勧告はしていない模様。
 けど、これから益々「自粛気運」が醸成され、「同調圧力」が増してゆくと、新宿区のように、「休館&使用料返還」の動きもありえる。
 問題は、そのような社会情勢にあっては、「新講座の開催を大きな声で宣伝するワケには行かない」であろうこと。

というワケで、こ~~っそりと

・初心者向け内家拳(形意拳・八卦掌・太極拳)講座
・水曜 12:45~13:45
・戸越体育館地下;武道場
・伝統武道会&三宗内家拳(河田秀志)
・初めの3回は無料

というスペックで、「健身・美身・若返り」に効果が見込める内家拳の練功法をお教えしようと考えています。
 興味のある方は、
sandayuko@gmail.com まで、一報戴けると嬉しいです。(^_^;)

 う~~~む、今なら、普段は予約が取りにくい店も取れるかもと考えていたけど、ソッチもちょっと難しそう、かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です