走圏日記:ふむ、シックスパックは10%未満からだったか。

 皮下脂肪は「定期預金」で最後に減るというのは知っていたけど、(心の中では)順調に体脂肪率は下がってきているのに、目に見える脂肪は減らないなぁと思ってたんですよね。(^_^;)
 
 昨年12月、勤め人でも可能な「昼食後30分走圏」を一ケ月ほど試していたら12%手前でサチっている感じでした。
 30年程前、大崎工場に転勤になってラッキーだったのが、新宿スポセンに近くなったのと、屋上が転勤後間もなく更地?になり、練習し易くなったコトだったりします。(^_^) 
 その頃は、ダッシュで食堂に行き、大急ぎで昼食を食べて、昼休みの残り30分ほどを毎日練習したものでした。
 「一駅か二駅前で降りて歩く」というのが広く推奨されてたと思うし、日に30~40分「走」するって、可能だと思うんですよね。

 それで最終週から40分超/日の走圏を試して見たら、1月度は11%台、10%台と順調に減ってきて、再来週あたり10%以下になるかも?と言った推移です。

 1/03 11.96%
 1/10 11.91%
 1/17 11.44%
 1/24 11.16%
 1/29 10.60%

 それに合わせて、「腹筋左右に凹みができてきた」、「臍上に凹みが見えてきた」、「臍上の凹みが左右に広がってきた」
 「を?、上方向に凹みが伸びそう!」、と皮下脂肪も減ってきています。
 写真に撮るとイマイチ判りにくいのですけどね。
 ググってみたら、「シックスパックがハッキリ判るのは、10%未満から」などと書いてあるサイトを発見。

 理想を言えば、内臓脂肪がガッツリ減って、しかる後に皮下脂肪が減り「外見が良くなる」、という順序が望ましいのだけれど、、、。
 一般的には、脂肪燃焼結果が目に見えやすい形で早く出てくる方が「やる気」を継続するのにいいのかも、と思ったりします。

 さて、シックスパックになるのと、左右の脇腹の脂肪が無くなって「縊れ」が復活するのの、ドッチが早いのだろうな~、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です