GoogleアナリティクスとYouTubeアナリティクスを散策。

 YouTubeが規約変更になり、「収益を得る条件は過去12か月の総再生時間が4,000時間以上とチャンネル登録者数が1,000人以上が必要になる」、とのこと。
 耳にしたときは、登録者数:1,000人って(Facebookの散打友好協会と日中精武会連盟のページのフォロワー数の和が400弱なので)ハードル高いな~と感じたけど、「挑戦はして見よう」という気になりかけています。

 で、再開後3日の時点でYouTubeアナリティクスをみたら、101分。⇒週:4時間相当 ⇒年:2,000時間相当。
 動画数10個程度しかないのに、これなら行きそうやん、と思ったけど、今まであまり見られてなかった大連の試合に対する、なんかのバブルだったみたい。(^_^;)

 でも、まあ。1日ひとつの動画をUpするというのは、さほど苦にならなくなってきているし、Facebookにこれまで300個ほど上げているので、それを元にすれば、一年間くらい「毎日Up」が可能そう。

 で、掲題のお勉強。視聴者維持率なる指標を知り、見てみると、3日だけではグラフになってない。
 けど、はは「2017-05-04_『第一回伝統武術表演交流大会』」散打でないのに気づいて、数秒で視聴を止めているのがわかる。(^_^;)
 散打なのか表演なのか、分かり易くした方がよさそう。

※と、いうわけで、表演中心の動画のタイトルの最初に「表演】」を追記。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です