自炊】『カール・セーガン 科学と悪霊を語る』

発行:1997/09/20 新潮社

はじめに 私の先生たちのこと……4
第一章 いちばん貴重なもの……18
第二章 科学と希望……40
第三章 月の男と火星の顔……56
第四章 宇宙人……74
第五章 欺朧と秘密主義……91
第六章 幻覚……107
第七章 悪霊に愚かれた世界……121
第八章 真の光景と偽の光景の区別について……142
第九章 セラピー……156
第十章 ガレージの竜……173
第十一章 悩みの都市……193
第十二章 ”トンデモ話”を見破る技術……203
第十三章 事実にこだわること……233
第十四章 反科学……250
第十五章 ニュートンの眠り……269
第十六章 科学者が罪を知るとき……283
第十七章 懐疑する精神と驚嘆する感性との結婚……294
第十八章 風はほこりをたてる……307
第十九章 くだらない質問というものはない……317
第二十章 火に包まれた家……335
第二十一章 自由への道……350
第二十二章 意味の虜……360
第二十三章 マックスウェルと科学オタク……370
第二十四章 科学と魔女魔術……392
第二十五章 真の愛国者は問いを発する……411
謝辞……425
科学と人類の未来のために〔解説〕池内了……428
訳者あとがき……434

チェック箇所を読み返していて一番面白かった所は、(^_^;)

 空軍には、「プロジェクト・ブルーブック」というUFO調査プロジェクトがあった。(その前は、「プロジェクト・グラッジ(不平不満)」という穿った名前がついていた。) ~ 調べてみると、このプロジェクトにはまるでやる気のないことがわかった。~ つまりこのいいかげんなブルーブックの調査は、科学的には何の役にも立たない代物だったのである。ただし、空軍はまじめにやっとるぞ、と大衆に知らしめるという官僚的意義は大いにあったし、UFO報告はクズばっかりだと思わせるのにも役立ったにちがいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です