走圏日記】正月らしい凧揚げ(カイトだけど(^_^;))と年末のLSD

 元日、昼食後走圏。

 正月らしい凧揚げに出くわして、ホッコリ。
 そういえば、ヤッコ凧って見なくなったなあ、と。

 小学生の頃は新聞紙を切って、長~い足を作ってたな。逆に言えば、足がないと安定しない凧だったのか。(^_^)

 元日にやろうかと思ってたけど、「正月だから、イッカ~~~」と昼間から飲んじゃいそうな気がしたので、大晦日に「長時間LSD(Long Slow Distance」を試してみました。(^_^;)

 提唱者の佐々木功(アニソン大王と同姓同名)さんの本『「ゆっくり走れば速くなる」マラソン㊙トレーニング』によると、「3時間あたりから、走るのがイヤに」なり、「筋&肝グリコーゲンを消費し尽くし」て、「皮下脂肪を消費」、「眠っていた末梢毛細血管を甦らせ」、「血液(エネルギー)をより多く筋肉に運ぶ」効果が見込めるとのこと。

 LSDの実験を始めた頃に良く「走」した、昭和島-京浜島-城南島-平和島を回る12km/2時間のLongバージョンを久しぶりに&初めて2周。
 平坦な道を選んだ関係で、23kmを4h10mだった。
 どんな感じになるのかとワクワクしながら、「走」してたのだけれど、普通の「ちょっと疲れた」感じが2時間あたりで来て、あとは特に変わった感じは無かった。
 (「走圏日記.xlsx」を見ると)当初、自分の脂肪を取ることを意識していたので、7月に1時間半~2時間コースを試していたけど、3週間ほど続けたダケだったのか。
 その後、低運動量での効果が知りたくて、段々と減らしていって、最近は30分コースを試してて、Long Distance になって無かったから、長距離ランナーのような体質にはなってないのかな?
 数値も前後で、62.15kg/11.5%⇒62.4kg/12.4% と減ってない(誤差のウチ?)。

 元旦にすれ違ったウォーキングの人は、二人とも年齢の割に早足だったような、、、。
 「矍鑠(カクシャク)とされている」といった表現は失礼か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です