鍛冶作業(3)、は止めて、テープ止めだけ

「走」しながら、剣状ダンベルを振ったり、「点」したりするのがなかなか楽しい今日この頃です。(^_^;)

こないだ測ったら、800g強だったので、1kgにアップグレード。

撃剣を再開したころに「竹剣」を金属製の模擬剣と同等の重さにするために作った鉛製の鍔。
ちょうど似たような幅でCutしてあったので、バラして平らに戻して、4枚ずつ挟んだら、ちょうど1kgでした。

鉛板をエッジを取って、握りやすくしようと思ったのですが、いかんせん金属加工スキルが低すぎ、うまくグリップしやすい形になりませんでした。(ρ_;)

NITTOの布テープが使い勝手が良いので、(危険防止に)前後にゴムを当て、何カ所かを布テープ締めて固定。
グリップ部分は、竹刀をCutしてそこそこ楕円形に。
最後はテニスグリップで滑りにくくして、完成。(芯がないので、振ってるウチに曲がりそうな予感が、、、。)

攻具用の材料箱を漁ってたら、Cutする前の鉛板(500g)が出てきたので、1.2kgバージョンにアップグレードするコトを見込んで、布テープに剥がしやすい「返し」を付けておきました。(^_^)

IMG_20210219_231131IMG_20210220_152515

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です